忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


  • by
BLUE SONGS WITH BLUE POPPIES
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 02
~BLUE SONGS WITH BLUE POPPIES~
恵比寿ザ・ガーデンホール

すばらしかったです。さぶいぼ立ちまくり。
ガーデンホールは1度行ったことがあって、けっこう広いイメージだったのだけど、全然狭かった。セットにもよるのかな。今日はこじんまりしたホールって感じで、ちょうど良かったかなー。
ステージの端にはずらーと芥子の花が並べてあって、お花畑のよう。後のMCで聞きましたが、この芥子の花をつくるのに100万くらいかかったらしい。そんなにするんですね・・・。
芥子の花の間にキャンドル的なライトが付いていて、暗転してからとってもきれいでした。天井にはシャンデリア。照明が青いときがめっちゃきれいで、見とれました。
わたしの席はステージバック3列目で、Peeちゃん側はじの方でした。距離は近かったけど、さわおさんがPeeちゃんとまるかぶりでほぼ見えませんでした(^_^;)ドンマイ。でもステージバックにはモニターがあったので、ときどきそちらを見たりして、さわおさんのお顔は見れましたよ。
Peeちゃんの後姿を見つめすぎて好きになりそうでした(恋)
しんちゃんは横から見る感じ。横顔と、ドラムをたたく姿、足元まで見えてちょっとドキー☆
淳さんの演奏もよく見えたなー。ベース弾けたらウッドベースも余裕で弾けるものなのでしょうか。横に持ってたものを縦に持つだけでもすごい違う気がしちゃうけど。サイズもかなり違うのにさ!すごいですね~。

途中ではゲストにテルミン奏者の方が登場。テルミンが演奏に加わると音が広がってすごくよかったです。
テルミンのみの演奏は他で何度か聴いたことがあったけれど、バンド演奏に加わっては初めてだったので感動でした。さよならユニバースとかすごく合ってた。
あと嬉しかったのはsub humanとTexan Dairy LifeとAcross The Metropolisかな。単に好きなので。
チェルシーホテルは初めて聴いた曲だったけど、好きでした。カップリングあたりでぜひ音源化していただきたいです。あと、キミと僕とお月様もうれしかったな。
アコースティックに似合う曲って事でか、昔の曲が多かったかな。
ピーズの犬ぞりをカバーしたのだけど、メロディはピロウズに合ってると思ったけれど、この曲、クリスマスのイメージが付いているのでちょっと違和感ありました。ジングルベール♪なイメージなのです。
佐野元春さんのコヨーテ、海へは聴いたことがない曲でしたが、すごく良かった。佐野さんの曲はもっといろいろ聴いてみたいなー。
本編ラストはONE LIFE。これはツアータイトルそのままに、最後だろうなと予想してましたが、鳥肌たちまくりで感動しました。
そしてダブルアンコはさわおさん弾き語りで、新曲の「雨上がりに見た幻」ピロウズ20周年にむけたバンドソングだそうです。これがめっちゃくちゃ良かった。本当にずっと鳥肌たちまくり。涙でそう~。泣ける・・。すばらしいです。だから好きだよピロウズ。ありがとうキミが好きだよ、だよ。
あっ、あと「雨あがり~」でやっとさわおさんの後姿が丸見えになりまして、後頭部萌えでした・・・。笑

今日はメンバー紹介はなく、MCはさわおさんが時々ちょっとしゃべる程度でした。
MCははじめに「今日はずっとギクシャクするんだろうな、お互いに」と、
途中で「ガーデンホールは淳とさま~ずライブを見にきたことがある」「DVD撮ってるから拍手を戸惑わない!拍手してください。笑」などなど。

Peeちゃんだけがステージバックを気にかけてくれて何度かこちらを向いて、無言でお辞儀。こちら側も無言でお辞儀をお返し。笑 Peeちゃんやさしい!!
あっでもしんちゃんも最初の方でドラム叩きながら後ろをさーっと見てくれました。
しかし、とってもいいライブだったなー。大満足。


終わった後は、ガーデンタワー39階の居酒屋で呑み。夜景がすんごくきれいでした。ここ使えるよー!(夜景がきれいな席は多分要予約)


01. Subhuman
02. She is perfect
03. Texan Dairy Life
04. プラスチックフラワー
05. Monster C.C
06. Across The Metropolis
07. チェルシーホテル(未発表曲)
08. 傷跡の囁き 誰もいないパラダイス
09. レッサーハムスターの憂鬱
10. New Year's Eve
11. 犬ぞり(The ピーズ)
12. コヨーテ、海へ(佐野元春)
13. Our love and peace
14. さよならユニバース
15. キミと僕とお月様
16. ONE LIFE

EN:want to sleep for
EN2:雨上がりに見た幻 (さわおさん弾き語り)



74747da9.jpeg  IMG_0438.jpg




PR

TRACKBACKS
COMMENTS
後ろ姿萌え!
by しのぶ 2009.02.22 Sun 14:12 EDIT
お疲れ様でした。
私もけいこちゃん同様のステージバックでしたが、モニターはあまり見ずに、ひたすら後ろ姿を見つめて聞いていました。
こんな機会、もう二度とない気がするし♪
Texan~聞けて良かったですね!
私もめちゃめちゃ嬉しかったです。
コヨーテ~は昨年佐野さんライブで聞いたのですが、さわおさんが歌っても似合ってて良かったです。
こんな幸せな時間を与えてくれたピロウズの皆さんに感謝ですね☆

あの居酒屋良かったね!
いつか予約して、夜景見える席で飲みたいです♪
無題
by あこ 2009.02.22 Sun 20:42 EDIT
楽しかったみたいで~☆
私は結局チケット手に入れられずお留守番組。
あぁ~見たかった。
でも、今回は仕方ない。
そろそろファンクラブ入れってことかしらね。笑
>後ろ姿萌え!
by けいこsunu 2009.02.22 Sun 21:28 EDIT
貴重な後姿、萌えでしたよね。笑
ほんと、あの角度からピロウズライブを観ることはもうなさそうですよね!でもアコースティックライブは数年に1度とかでいいので、またやってほしいなあ。
Texan~はなんとなくライブでは聴けない曲と思いこんでいたのでびっくりでした。嬉しかったですね~!
いつもいつもピロウズさんには感謝ですね☆

あの居酒屋よかったですね!店員さんはちょっとアレでしたけど。笑
4人~6人で予約すればあの個室にしてもらえそうですね。または2~3人でカウンターでしょうか。
でもライブの打ち上げだとだいたいリキッドだから、リキッドからだとちょっと遠いですね(^_^;)
by けいこsunu 2009.02.22 Sun 21:34 EDIT
あこちゃん>あこちゃん取れなかったんだねえと話していたのよー。残念だったよ~。
でもDVDでも十分楽しめるライブだったと思うから、DVD発売を楽しみに待ってみて☆
あっでもピロウズ今年はまだまだライブ控えてるだろうし、これを気にファンクラブ入っちゃおうよ(*^_^*)♪会報もおもしろいよー☆
無題
by ERI 2009.02.23 Mon 13:50 EDIT
ステージがまさかああいうダイヤ形?だとは思わず、席の配列にビックリでした。
ドラムを横から見るのってそうそうないことだからよかったね~見れば見るほど、不思議がこみ上げてきますが・・(笑)

そう、犬ぞり!だって、ハルさんもわざわざ鈴用意してクリスマスっぽさを出して演奏してたもんね。曲の違和感より、さわおさんがハルさんの詩に影響を受けたって話にちょっと意外さを感じてしまいました。
何はともあれ、行けてよかった♪
by けいこsunu 2009.02.23 Mon 21:21 EDIT
ERIちゃん>座席びっくりだったよね、「ほぉ~~~っ」て感じだった。笑
で、Peeちゃんを真後ろから、しんちゃんを真横から見るなんて、変な感じだったわ~。わたし、こっち側?!みたいな感じでした。笑

さわおさんが東京ではじめて見たライブがピーズで、で、今はしんちゃんがピーズのドラムで、、、ってすごいよね。何がどうなるかわからないよねー。
犬ぞりもよかったけど、ピーズのカバーだったら「日が暮れても彼女と歩いてた」とかやってみてほしいなー。すごい合いそう☆





Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
 
プロフィール
こんにちは。
HN:
けいこsunu♪
性別:
女性
自己紹介:
音楽が好きです ライブが大好きです
ライブレポと言えるものは書いてません。感じたことをメモしてます。あしからず☆

スヌーピーが好きです
でも実際は猫派 性格はもはや猫・・

動物の命はもっと尊重されるべきだとブツブツ考え込みながら結局弱く生きてます

★2009/1
この列の1番した↓↓↓で不要ペット回収車全面廃止のオンライン署名を集めています。ご協力をお願いし致します。
最新記事
カテゴリー
リンク
バーコード
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
カウンター
忍者アド
OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]